思うこと

「転職することを辞める」という決断はかっこ悪いかもしれないけど…

こんにちは、いっさです。

実はこの2020年の3月をもって、塾講師を辞めようと思っていたのですが、思いとどまり辞めないことを決意しました。

その決意の裏側をここで明かそうと思います。

この記事で得られること
  • いっさが転職をしなかった理由
  • 転職をせずにこれからどうするか

それでは、始めていきましょう・w・

転職を考えたきっかけ

カバン片手に道を歩く人

転職って周りを見ると結構ネガティブですよね。

  • 薄給
  • 激務
  • 人間関係

上げたらキリがないですね。

僕の場合は真逆でした。

僕は「新しい挑戦がしたい」と思って転職しようと思ったんです。

次第になくなるチャレンジの機会

割と昇給もできて、責任感も生まれてくると、チャレンジする機会が減り、管理する時間が増えていきました

  • 学習塾管理
  • 生徒管理
  • 社員管理

などなど、後は保護者との電話でしょうか。

仕事が増えるわけではありませんが、管理することが多くなり、新しく何かに挑戦することができなくなっていくわけです。

この辺りで悶々としていました。

重なった身内の死

そして、去年の4月25日、大好きな祖母も息を引きとってしまいます。。

身内が亡くなるのはこれで2回目、どちらも本当にお世話になった人たちです。

身内が亡くなることで、初めて死を意識するようになりました。

http://issa10blog.com/visit-in-hospital/

「人って、いとも簡単に死ぬんやな・・・」って思いましたね。

自分もいつ死ぬか分からない以上、悔いのないように生きようと考え、まずは「退路を断とう」と思い、転職を決意したのです。

2019年7月、自分の上司に今年度までの退職願を提出しました。

転職を辞めた理由

本を片手に道を歩く人

以前よりスタートしていた転職活動も軌道に乗っていました。

ブログとプログラミング、そして自分の武器である塾講師スキル。

Edu×Techを推す会社さんから直々にお声を頂戴することも。

塾講師は市場価値が低い、とはよく言われるものですが、「塾講師スキル×何かのスキル」を掛け合わせた途端、自分は唯一無二の人材になれるな、と確信できた経験でした。

網膜剥離による治療

そして今年の1月。

僕は網膜剥離になりました。

医師からは25%の確率で左目が失明すると言われてしまいます。

http://issa10blog.com/moumakuhakuri/

手術は無事に成功。

手術後、左目に大きな眼帯を付けつつ、僕は安堵から涙を流していました。嗚咽が入るほど。

会社にご迷惑をおかけする形となり、3週間後に職場へ復帰しました。

尊敬する部長からの言葉

職場復帰して間もなく、僕が新入社員時代からずっと追いかけ続けてきた、S部長から一通のLINEが届きました。

お疲れ様です。目の件は大丈夫ですか?
久しぶりで慣れないと思いますが、焦らずにやってください。

別件ですが、いっさ君。
ここに残ることはできないでしょうか。

今の戦力のままでは、これまでの良くなっている流れが止まってしまい、生徒にも良いものの提供ができなくなってしまいます。

決断しているとは思いますが、何とかあと少し、辞めずに力を貸してもらえませんか?目についても、落ち着くまで出来る限りにサポートをしていきますので、検討をお願いできればと思います。

突然のお願いで本当に申し訳ありません。


うちの会社には、いっさ君の力が必要です。
またどこかで話せたら話しましょう。

S部長は、普段は寡黙な方で、芯を強く持ってらっしゃる素晴らしい方です。

当時の僕は、S部長に企画を通すために、毎回の会議で企画書を作り、持っていっては駄目だしを食らい、また持って行っても駄目だしを食らいを繰り返していました。

100個企画を通したうち、実現したのはたったの3個です。

褒められたことは一回もありませんでした。

そんなS部長から、僕宛てにわざわざこの文面を送ってくれたのです。

こんなに嬉しいこと、会社員人生でありませんでした。

建前かもしれませんが、それでも僕はあの方なら信用できる、と思っています。

こんなに自分を必要としてくれる会社があることに感動を覚えました。

ただただ嬉しくて、涙がこぼれました。

自分の現状を振り返る

僕の転職活動は「チャレンジしたい」という欲求からの行動です。

会社で上手くチャレンジできなかった自分が嫌で、転職活動をしていました。

けど、少しだけ趣向が変わりました。

「誰かの力になりたい」という思いが、今は大きいです。

なので、僕の力を欲しているこの会社で、力を尽くそうと決めました。

いっさのこれから

身振り手振りでプレゼンする人

とはいえ、チャレンジ精神がないと生きていけないのも事実なので、仕事がない土日を使って何かしらのチャレンジをしようと思います。

  • ブログ(文章書くの下手ですが好きです。)
  • プログラミング(勉強中ですが、多分得意です。)
  • 起業(いつか自分だけの塾作りたい。)

現在進行形でやっているのは「ブログ」と「プログラミング」ですね。いつかは起業もしようと思います。

将来的に「誰かの力になるために」

そして、「たくさんの挑戦ができるように」

これからも細々と、頑張っていきます。

最後に

Now Hiringと文字が書かれた看板

転職を考えている人も、そうでない人も・・・思うことはやっぱり「今のスキルとの掛け算」で市場価値は上がる、という事実です。

「ブログは2カ月で1000pvを突破しました。これが自分のブログです。」と見せるだけでも、転職活動中はかなり手ごたえ良かったです。

本業で培ったスキルと副業で培ったスキルを組み合わせ、あなたにしかできないこと、あなただからこそできることで、誰かの力になってあげる。

そうすると、人生は本当に楽しい。

僕も頑張ります。

あなたも一緒に、頑張りましょう。